ママ起業は甘い?この先20年働ける職を見つけるための修業期間

ママ起業

専門家向けの講座の中で、人材・組織論の研究者リンダ・グラットンらのベストセラー『ライフシフト』の話をしながら、みなさんの今後のキャリアを考えたことがあります。

この本『ライフシフト』の中で、大学卒業後に、起業する例をあげて「エクスプローラー」という名前を付け「自分の可能性を見つけて、今後の20年近く従事する仕事を決めるための修業期間のようなもの」と位置付けています。この「エクスプローラー」の特徴は、収入は経費とトントン程度。大きなビジネスにはつながりません。

本格的に就職する前に、自分の能力の生かし方を学ぶ実践的な期間なのです。

ママ起業はもうからないのが普通

今、ママの講師ビジネスによるプチ起業が流行ってきています。これも、「エクスプローラー」と同じ位置づけです。

SNSには、「好きなことを仕事に」というママ向けの話があふれていますが、ママ起業で勤めと同じ収入を得ようとするのは甘いかもしれません。今、ママ起業のはしりの時期から起業しているママは、再就職したか、経費とトントンの収入でも志で続けているかのどちらかです。

本当に数パーセントの、もともと実力のある人だけが、それなりの収入を得てはいます。しかし、すべての人がそこを目指すことは「失業したから、地下アイドルかユーチューバ―になって儲けます」と考えることと同じくらい非現実的です。

私も、子育てママ向けの講座を研究職を辞めた後に行っていました。今、考えるとママ起業のはしりでした。出版もして、どちらかというと成功した方です。

・・・しかし、経費を抜いた収入は、研究職時代の1/10程度です。

そこから、息の長いビジネスにつなげることはよっぽどの才能がないと難しいです。しかしそこで、自分の強みと興味を生かした職の糸口を見つける大事な修行期間にすることはできます。

現実的には母親の「プチ起業」の9割は、自営を大きくすることにこだわらず、これから20年働ける仕事を見つけるための修行の時間と考えた方が健全です。

講師ビジネスの人脈からは、今のお金につながっても、これから20年につながる仕事のつては見つからない

また、『ライフシフト』には、仕事につながるツテは、広くて浅い人間関係からもたらされることが指摘されています。

しかし、もしあなたがママ向けにSNSを集客の核にした、講座ビジネスをしているとしたら、すこし注意が必要かもしれません。この素人でもお金になるシステムのつながりの中からは、今後20年につながる仕事のツテが見つかる可能性はかなり低いです。

今のお金につなげるアメブロやLINEといったSNSを中心にした、講師ビジネスの人脈だけに依存することはやめましょう。ママ起業の辞め時を逸してしまう危険性と、自分の経験や人柄を生かした就職先を見つけられなくなる危険性があります。

今、お金にならなくても、街づくりや福祉のボランティアやNPOなど、中小企業の経営者の方々と直接話をするような場にも行って、今のお金とは関係しない人脈も広げましょう。

起業で明らかになったあなたの興味と強みを生かした、今後20年勤められる仕事が、その人脈の中からなら、見つかるかもしれません。

引用

関連記事

子育てのイライラを解消!幸せ子育てにするための2ステップ

子育てでイライラしない方法は?感情のコントロールの誤解

産後のイライラはいつまで続く?母乳で子育てをしている母親は攻撃性が2倍

産後、夫にイライラする!産後クライシスは夫婦関係を再構築するチャンス

 

パパ読んで!産後クライシスのマンガ連載しています

(c) ながさわゆみこ・山本ユキコ http://kosodate-p.com/

目次 :子どもができて、夫にイライラする妻・別人になった妻にとまどう夫へ

第1話 子どもができて、夫にイライラする妻・別人になった妻にとまどう夫へ


(END) Thanks for reading!

ワンオペ育児は限界!人間はチ...

ページトップ