魔の2歳児に睡眠とママの自由時間を!二歳児、理想の生活リズム

睡眠

魔の2歳児と呼ばれる、赤ちゃんがこちらが何を言っても「イヤ!」と言って、親の言うことを聞かなくなる時期があります。

この時期、赤ちゃんは反抗したくて反抗しているのではなく、自分の「やりたいこと」や、思いがしっかりと成長してきた証です。あなたの子育てがうまくいっているしるしです。

しかし、ママは赤ちゃんの気まぐれに振り回されて、大変な時期です。

2歳児の時期は、ママの言い聞かせで分かってもらうよりも、生活リズムを守るほうが、ママも赤ちゃんもラクになることが多いです。この時期は、言うことを聞きませんが、いつもの生活の習慣には従ってくれたりもします。

子どもが睡眠不足になると、眠たいぐずりと機嫌の悪さで、お世話をするのが大変になります。まずは睡眠時間を確保しましょう。

※詳細はこちらの記事もご覧ください

もうイライラしない!魔の2歳児、寝かしつけのコツ

では、2歳児の生活リズムとはどのようなものでしょうか。睡眠を中心にしてみてみましょう。

※寝かしつけのコツについてはこちらの記事もご覧ください

赤ちゃんを寝かしつける方法は?7つの基本、奇跡のコツ

 

起きる時間の理想は7時

乳児院や、欧米のプロのベビーシッターは、朝の7時に赤ちゃんを起こします(2007, フォード)。そして、日本人の0~3歳までの起床時間の平均は7時過ぎです(Mindell et. al.,2010)。結構、早起きで驚きました。ママはまだ寝ていたいのに、赤ちゃんが起きだしてしまうのもあるのでしょうね。

寝る時間は理想は7時、現実は9時

乳児院や、欧米のプロのベビーシッターは、夜の7時に赤ちゃんは寝かせます(2007, フォード)。寝かしつけの時間も早くて驚きます。世界一子どもの睡眠時間の長いニュージーランドの寝かしつけの時間は夜7時半少し前(Mindell et. al.,2010)。この7時台の寝かしつけは、理想的な就寝時間ですが、寝かしつけが上手にできないと難しい時間かもしれません。

アジア系の2~3歳の就寝時間は夜9時半過ぎ。こちらの方が現実の寝かしつけの時間ですね。

※詳細はこちらの記事もご覧ください

みんなどうしてる?赤ちゃんの睡眠時間の理想と現実

お昼寝は2時間ていど

2歳児のお昼寝時間は2時間程度(Mindell et. al.,2010)。12時~14時くらいまで寝てくれたら理想ですね。といいながら、うちの子はお昼寝が苦手で、1時間寝たら天を仰いで感謝するくらいでした。

※詳細はこちらの記事もご覧ください

日本の赤ちゃんは世界一お昼寝が苦手!お昼寝のための7つのコツ

必要な睡眠時間は11~14時間

2015年にアメリカ睡眠財団(NSF)が2004年~2014年の312本の文献をもとに、各年代の理想的な睡眠時間(昼寝も含みます)を発表しました。2歳児は、

・1~2歳(幼児)推奨時間:11~14時間(許容範囲:9~10時間・15~16時間)

と、最低でも9時間。できれは11時間以上は寝てほしいものです(NSF, 2015)。

 

2歳児のスケジュール

では、どのようなスケジュールなら理想的でしょうか。

ざっと、見ていきましょう。

 

7時 起床・朝ごはん

午前中 お外遊びや赤ちゃん広場や講座など(お昼寝をするように活動的に過ごします)

12時 お昼ごはん

12時半 お昼寝(眠たくなるのを待つと寝ないので、時間が来たら、部屋を暗くして、お布団に入れてください)

14時半 起床

15時 おやつ

午後の遊びなど(夕寝をすると、夜寝る時間が遅くなるのでしないように気を付ける)

18時 夜ごはん

19時 お風呂

20時~21時半ごろ 絵本を読んで就寝

 

このスケジュールで、子どもの睡眠時間は11~13時間程度になって理想的です。

しかし、なかなか昼寝を2時間はできなかったり、寝るのが遅くなったりとスケジュール通りにはいかないのが子育てです。

その時は、11時間、最悪でも9時間は寝てくれるようにスケジュールを調整しましょう。

魔の2歳児の子どもの気まぐれに付き合うことも、楽しく思える範囲なら、ぜひ付き合ってあげてください。でも、それで疲弊するなら、あなたが疲弊しないために生活リズムを作ってみて下さい。こちらのペースに子どもを巻き込みましょう。

 

ママのための時間を週一で2~3時間を

もし、あなたが理想的に子どもを夜7時に寝かしつけられるなら、その後毎日2時間程度、ゆっくりお風呂に入ったり、夫とおしゃべりしたりできる時間が取れるでしょう。

しかし、現実なかなかそうはいかない場合も多いです。

日本人の赤ちゃんの寝かしつけの平均の9時や、10時に寝かしつけをしてしまうと、疲れているママは赤ちゃんと寝落ち。気が付くと朝になっていて、自分の時間なんて夢のまた夢です。

でも、なかなか言うことを聞かない2歳児を見ていると、本当に大変で神経がすり減ります。ここは、思い切って自分の時間をとることを決めてみましょう。

週に1度でもいいので、定期的に2~3時間一人の時間をとりましょう。例えば、土曜日の午後はママの自由時間、という風に家族などに協力してもらって、スケジュールを入れましょう。

家族でショッピングセンターに行って、2時間程度パパに子どもを見てもらい、カフェでお茶や本屋で立ち読みなど、子どもが生まれる前の日常を過ごします。たったそれだけで、劇的に気が晴れるのです。

「夫がいる時は、家族の時間が過ごしたい」など別の希望があるなら、幼稚園の定期的な体験保育や保育園の一時預かりなどを使い、別の日程で週に1度一人の時間を作りましょう。

イヤイヤの2歳児との生活も「この一人の時間があると思うと、1週間頑張れます」と、なんとか前向きに日々、過ごすことができるようになれます。

自分の時間のために子どもを預けることに罪悪感を感じるママも多いです。でも、母親も人間です。我が子といえども、“他者” の気まぐれなペースでずっと生活することは苦痛です。自分の時間をわずか週に2時間程度とることを戸惑わないでください。

 

ママの睡眠時間は 7 ~ 9 時間

2歳児の睡眠時間だけでなく、アメリカ睡眠財団(NSF)は成人の睡眠時間も出しています。

・24~64歳(成人)推奨時間:7~9時間(許容範囲:6~7時間・9~10時間)

ママは、7時間以上の睡眠をとりましょう(NSF, 2015)。まだ、お子さんが夜泣きなどで夜起こされる生活が続いているなら、子どもと一緒にお昼寝をするなど、7時間といわず、昼間や、子どもの寝かしつけの後に、ママが眠たくなくならなくなるまで、睡眠時間の確保してください。

2014年のOECDのジェンダーデータ、Time use across the word のデータで、日本人女性の睡眠時間は、世界ワースト1位であるという不名誉が明らかになっています(OECD, 2014)。家事をするよりも、寝る方が大切です。

※詳細はこちらの記事もご覧ください

日本人女性と乳幼児は世界一の睡眠不足!男性もワースト2位の世界トップクラスの睡眠不足大国

 

もし、生活リズムを守りたいけど、できないことであなたが疲れ切ってしまうなら、無理に守る必要はありません。でも、あなたの睡眠時間を削ることだけはやめましょう。まずは寝ること。子どもだけでなく、あなたのために睡眠時間は重要です。

 

子どもの生活リズムを整えることは、ママや保育者がラクになるために行うことです。保育園や幼稚園で生活リズムを整えているのは、子どもと生活するうえで、大人の疲弊を最小限度に抑えるためのプロの技なのです。

そして、ママ自身が参ってしまわないように、睡眠時間と、自分の時間を定期的に取ることを最優先で考えてください。

思った以上に、ママは疲れています。どうぞお子さんのためにも、笑っていられるママでいられるための余裕を作る睡眠と自分の時間を確保するスケジュールを組んでみて下さい。

 

引用

ジーナ・フォード(2007)カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座.朝日新聞出版.

Mindell, J. A., Sadeh, A., Wiegand, B., How, T. H., & Goh, D. Y. T. (2010). Cross-cultural differences in infant and toddler sleep. Sleep Medicine11, 274–280. 

National Sleep Foundation (2015) HOW MUCH SLEEP DO WE REALLY NEED? National Sleep Foundation Web site : https://sleepfoundation.org/how-sleep-works/how-much-sleep-do-we-really-need

OECD(2014)Balancing paid work, unpaid work and leisure.  OECD Web site: http://www.oecd.org/gender/data/balancingpaidworkunpaidworkandleisure.htm

関連記事

赤ちゃんを寝かしつける方法は?7つの基本のコツ

みんなどうしてる?赤ちゃんの睡眠時間の理想と現実

もうイライラしない!魔の2歳児、寝かしつけのコツ

日本の赤ちゃんは世界一お昼寝が苦手!お昼寝のための7つのコツ

4つの段階を知ろう!産後クライシス段階別解決法

子育てのイライラを解消!幸せ子育てにするための2ステップ

本ウェブサイトで、パパ見て!産後クライシスのマンガを連載しています

(c) ながさわゆみ・山本ユキコ http://kosodate-p.com/

第1話 子どもができて、夫にイライラする妻・別人になった妻にとまどう夫へ

目次 :子どもができて、夫にイライラする妻・別人になった妻にとまどう夫へ


(END) Thanks for reading!

第28話 いつもママは大変。赤... 第29話 夫が家事・育児をする...

ページトップ