ライフネット生命創業者 出口治明さんに子育てに親と企業ができることを聞いてみました 2

企業と子育て

子育てフィロソフィの山本です。ライフネット生命創業者の出口治明さんに子育てについて聞くインタビュー第2回目をお送りします。

※第1話はこちらからご覧ください。

ライフネット生命創業者 出口治明さんに子育てに親と企業ができることを聞いてみました 1

時代の変わり目の子育てに必要なこと

山本)
次の質問ですが、世の中が変わる、今の時代の子育てに大切だと思うことは何でしょうか?

出口)
世の中はしょっちゅう変化しています。子育てに必要なことはいつでも通用するとてもシンプルなことですよ。

山本)
ええっ?!(本日2度目の衝撃)さすが歴史に親しむ出口さん(※注2)!今くらいの時代の変化は“しょっちゅう”なものなのですね。

出口)
シンプルに考えると、人間は動物なので、子どもを自立させることです。

今も昔も自立する個人を育てるためには、考える力を持つ子どもを育てることが親の責務でしょう。自立のためには、人間は考えることが必要です。人間は考える葦ですから、人の意見に合わせることなく、自分の頭で考えて自分の言葉で、自分の意見を言うことが何よりも大切です。

親が子育てにできること

山本)
では、親として、子どもにできることは何だと思いますか?

出口)
親の権利と書いて、“親権”といいますが、子育ては権利ではなくて義務だと思っています。親の権利なんて、子どもの名前を付けることくらいでしょう。子どもに対して親が権利を持っているという考え方は間違っていると思います。

子どもといっても親とは別の個人です(※注3)。何に向いているか分かりません。自分の好きなことを見つけるために、人に会い・本を読み・旅をさせ「世界は広いし、色々な人がいるんだよ」とおしえてあげることが親のできることではないでしょうか。そして、子どものことは適度に先生などいろいろな人に任せることが大切です。

親が大事だと思うことは伝えてもいい

出口)
僕は価値観の押しつけが大嫌いです。が、社会で生きていく上で、一定のルールが必要です。ですから、親が大事だと思うことは子どもに伝えていいと思います。たとえば、「ウソを付いたらいけない」とか、「並んでいるときに横入りはいけない」などです。

イングランドの幼稚園では2つのことを教えています。

1. みんなが違うこと

子どもが幼稚園のクラス全員の子どもたちと一対一で向き合った後、先生が「同じ顔の子はいた?」と尋ねます。すると子どもたちは「いない、みんな違う」と答えます。

次「じゃあ、みんなの中身は?考えていることは一緒かな?」と聞いて、『外見が違うなら、中身もきっと違う。みんな考えることは違うんだ。』と腹に落ちるのです。そうであれば、思ったこと、感じたことを伝えないと分からないということを先生は教えるのです。

2. 並ぶこと

もう一つ教えることは、綴りにすると“queue”。“並ぶこと・秩序”という意味です。切符を買うときも、ミルクをもらうときも、並ぶことは必要です。集団生活の秩序を教えることも必要です。

山本)
私もそうだったのですが、子育て初心者の親は「子どもは別の個性である」と言われると、「子どもを尊重しなくてはいけない」と、過度に考えすぎてしまい、「親は全く口出しはいけないのか」と、極端なことを考えてしまいます。

一方、「大人が子どもにルールを伝えなくてはいけない」と言われても、一から10まで子どもを監視して、ルールを教えなくてはいけないのではないのかと、また、辛くなります。

でも出口さんは『子どもは別の個性として尊重すること』と、『親は自分が大切だと思うことは教えていい』と、これらはバランスをとるべきことだと、具体例と一緒に、非常に分かりやすく教えていただいて、気がラクになります。

企業が従業員の子育てにできること

山本)
では私にとって今、一番の問題なのですが、「企業が従業員の子育てに対してできること」と言われるとどんなことがあるでしょうか

出口)
それも、簡単なことです。

山本)
えぇっ?!これも簡単なの?(本日3回目の衝撃)

出口)
できることはシンプルで、一般論ですが3つあります。

1.長時間労働をやめること
一つ目は長時間労働をやめることです。残業は、翌日の早朝に間に合わせないといけない資料があるときなど、どうしても必要な場合にA君やB君に上司が個別に具体的に命じて行うことです。だらだらと誰もがするものではありません。
男性の長時間労働があれば、家事・育児・介護を男女でシェアできません。会社をあげて長時間労働をなくす環境作りをしなくてはいけません。

2. 待機児童問題でできることを考えること
日本には待機児童問題があります。子づれで会社に来ていい仕組みを作ったり、企業内保育園を作ったりするなど、企業ができることを考える必要があります。

3. 男性に育休をとらせること
ライフネット生命では、ある男性社員が育休を3か月取りました。そうしたら「めっちゃ面白かったで!」と、その話を聞いた男性社員がみんな取る。

脳科学者の池谷裕二さんの本「パパは脳科学者」(池谷,2017)は読まれましたか?とても面白かったのですが、この本に、お母さんはなんで子どもを可愛がるのかという話がありました。実は、出産時にオキシトシンを大量に分泌しているからだそうです。オキシトシンは目の前のものを無条件で信頼してしまう麻薬です。鼻に一吹きすると、目の前の契約書を読まずにサインをしてしまうような力があるそうです。

オキシトシンを大量に分泌されるので、母親は目の前の赤ちゃんがかわいく思えるようになる。一方、男性は育児をするほどオキシトシンがでてくるそうです。3か月も育児をすれば、母親のレベルにまでなるのです。つまり男性は、育児をしないと子どもが可愛いと思えないのです。

ある会社はすべての男性に、1日だけ育休をとらせて「男性育休の取得率100%」とうたっているそうですが、企業のPRが目的であるだけで全く意味がありません。せめて数ヵ月は育休を取らせるべきなのです。

山本)
すごい!私は男性育休の推進の活動もしているのですが、数ヵ月の育休を自信を持って広めていけます。本当にありがたいお言葉です。

—-

次回に続く

次回は10月第2週ごろ更新の予定です。

 

※第1話はこちらからご覧ください。

ライフネット生命創業者 出口治明さんに子育てに親と企業ができることを聞いてみました 1

引用

池谷裕二(2017)パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学.クレヨンハウス.

山本による注

※注2) 出口さんは歴史の本もたくさん出されていますが、個人的には「座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ 世界最高のリーダー論」がおススメです。歴史というよりリーダー論ですが、唐の名君の言行録をその歴史的背景から、分かりやすく出口さんが目の前でしゃべってくれているように解説してくれています。
最初にリーダーのもっとも重要なことは「元気で、明るく、楽しく」ふるまうことだということをまとめています。「何だ、リーダー論っていっても、家庭の母親のあり方の理想と一緒じゃん」と、親近感がわいてきます。家庭をチームと考えると、そのリーダーとしての親のあるべき姿として、もっと何かを知りたい人への出口さんからのもう一つの答えになるのかなと個人的に思っています。
出口治明(2017)座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ 世界最高のリーダー論」.KADOKAWA.

※注3) 出口さんはインタビューなどで、“繰り返し読む本”としてカリール・ジブラーンの「預言者」を、たびたび上げています。私が子育て関係で最も感銘を受けた、ハリスの「子育ての大誤解」という本がありますが、その冒頭に、この「預言者」の一節が引用されています。子どもは自分の考えを持っているということに関して、出口先生の考えの一部を作っているのではないかと思いますので、ここで紹介させてください。(ホントはただ単に、私が大好きな詩だからですが)

あなたの子は、あなたの子ではなく、
大いなる生命の希求の息子であり、娘である。
あなたを経て現れてきても、あなたから生まれたのではない。
あなたとともにいても、あなたに属するものではない。
あなたの愛を与えることはできても、あなたの考えをあたえることはできない。
子どもは自らの考えをもつのだから。
その身体を住まわすことがあっても、その魂までも住まわすことはできない。
子どもの魂は、あなたが夢にも訪れることのできない、
明日の館に住んでいるのだから。
子どもらのようになろうと努めるのはいいとしても、子どもらをあなたのようにしようとしてはならない。
生は後ろには歩まず、昨日を待つことはないのだから。

ジブラーン(小林薫訳 「プロフェット(予言者)」ごま書房 現在絶版)
ハリス(石田理恵訳 「子育ての大誤解」ジュディス・リッチ・ハリス)より引用

出口さんの紹介する「預言者」

カリール・ジブラーン(1990)預言者.至光社.

 

※ハリスの話についてはこちらの記事はご参照ください

「子育ての大誤解」親の育て方は子どもの性格や知能に影響しない

関連記事

ライフネット生命創業者 出口治明さんに子育てに親と企業ができることを聞いてみました 1

「子育ての大誤解」親の育て方は子どもの性格や知能に影響しない

母子同室のせい?日本の赤ちゃんの睡眠時間は世界一短い

夫婦円満を続けるコツは?喧嘩より、会話に気を付けて

子育てのイライラを解消!幸せ子育てにするための2ステップ


(END) Thanks for reading!

ライフネット生命創業者 出口治... 第19話 でしゃばる義母をブロッ...

ページトップ