子育てのイライラを解消!幸せ子育てにするための2ステップ

育児ストレス

子育てはチームで行うもの。子育てフィロソフィの山本ユキコです。

育児中のイライラを何とかしたい。それは、切実な悩みです。

子育て中でしんどいときは「ストレスを解消したら、イライラがなくなって、幸せになれる」ように思ってしまうのですが、実はそうではありません。

ストレスがある程度解消されると、それ以上は、いくらストレス解消しても、焦りや不安が漠然とこびりついてきます。

イライラを解消して、その先に幸せになるには別の方法が必要です。

二つの段階のそれぞれの解決方法を見ていきましょう。

 

育児ストレス解消法

あなたが、赤ちゃんのお世話にまいっている。夫や義母、一人目の子どもなど特定の相手に、強い怒りを感じる。「こいつが変われば、私が幸せになるのに」と思わず感じてしまう。

そう思える時、あなたは高いストレスを抱えています。ストレスをため込んだ結果、自分と性格がかみ合わない相手に思わずぶつけてしまうのです。

この状態に陥るときは、まずは疲労を取り、ストレスを解消することが必要です。

1.睡眠はとれていますか?
赤ちゃんと一緒に夜寝て、昼寝もして、睡眠を確保しましょう。

2.栄養は取れていますか?
小さなお子さんのママは、ちょっとつまむくらいで食事を省いてしまうことも日常。まずは自分が栄養のバランスの取れた食事をとりましょう。

3.自分の時間はありますか?
お風呂にゆっくりは入れてますか?夫などの家族、一時預かりなども利用してゆっくりお風呂に入って、さっぱりする時間をとりましょう。

それと、赤ちゃんが産まれる前の日常。本屋さんで一人で立ち読みする。カフェでゆっくりすることを、少しの時間でも取り戻してみてください。気が晴れるでしょう。

4.仲間はいますか?
夫や、家族など、子育てを一緒にしている仲間だと思える人はいますか。一人で子育てを奮闘するのではなく、誰かに任せられることは任せてください。一人では子育てはできません。

そして、子育て中のママの友達と、今の悩みや解決法をおしゃべりしましょう。同じ子育て中のママ同士、ゆっくりおしゃべりをすると、劇的に気が晴れます。

※イライラの気持ちのコントロールについてはこちらをご覧ください

子育てでイライラしない方法は?感情のコントロールの誤解

 

育児ハッピーコントロール

あなたが、今までイライラしていた夫や義母、一人目の子どもなどの相手に

「もしかしたら、私の対応を変えてみたら、相手も変わるんじゃないのかな?私自身も大切にしながら、相手にも幸せでいてもらえる、ちょうどいい距離感があるんじゃないのかな」

そう思えた時は、次の段階に行ける合図です。

ストレスのコントロールは大切ですが、人はそれだけでは幸せになれないのです。

いくら休んでも不安な気持ちが胸に広がる。不安のために、誰かの悪口を言い募る。

それって、幸せじゃないですよね。

たとえば、うつ病になった時に、まず大切なことは休養すること。あと、抱えきれないような不満や不安は誰かに口にしてラクになるのも大事です。

でも、休養するだけでは、うつの症状はなくなったとしても、その後、幸せにはなれないのです。愚痴や誰かの悪口ばかりいい募っていても、幸せにはなれないのです。

 

ストレス解消から、ハッピーコントロールに

幸せになるためには、ストレスコントロールから一歩進んで、自分のハッピーを積極的にコントロールすることが必要です。

幸せな毎日を送るために、次のチャレンジをしてみましょう

1.ポジティブな考え方
愚痴や、怒りを避け、良かった探しをしてみます。おすすめのワークは、「週に1回、よかったことを5つ思い出して書くことです」これをすることで、メンタルの不調が減り、頭痛・腹痛・腰痛といった、身体的な不調も減少したことがデータもあります。無料で効果抜群。ぜひ、やってみてください。

2.好きなことを集中してする時間を作る
フローと呼ばれる、「もう1時間経ってたんだ」と思えるほど集中した時間を過ごすこと。自分の好きで得意を生かした活動をやってみてください。独身時代からの趣味かもしれないし、仕事を少し始めることかもしれません。得意を生かした、集中できることをすることで、劇的に気が晴れます。

3.良い人間関係の中にいる
好きな人たちと、おしゃべりをしたり、分かりあえる体験をすることは、大きな幸福感を感じます。ママ達のサークルなどでこれを感じることができれば、一番手っ取り早いのですが、なかなか巡り合えなかったときは、趣味や仕事の中で、そんな関係に巡り合えるといいですね。

4.新しいことを学ぶ
自分の得意なことを知り、それに関連することを学び、なるほど。と納得したりしながら自分の得意なことを高めていく。これも大きな幸福感を作ります。定期的に本を読んだり、講座に出たりする時間があることもおすすめです。

5.達成をする
自分の決めた目標を達成する。ゲームで勝つ。など、達成感を感じることも幸福感を産みます。

人の「長く続く幸福感」というのは以上の5つのことがかかわっていることが、ポジティブ心理学という分野で言われています(セリグマン,2014)

以上の5つのこと、すべてをする必要はありませんが、どれかあなたに合うものを最低でも一つ、もしくはいくつかを複合してやっていくことが、人が持続して幸せになるために必要だと言われています。

「何かをやらされている」と感じる毎日では幸福感を感じることはできません。

子育て中のできる範囲で、自分を大切に、幸福を感じる生活を自分でコーディネートしてみてください。

 

引用

セリグマン,M. (2014) ポジティブ心理学の挑戦 “幸福”から“持続的幸福”へ,ディスカバー21

 

関連記事

子育てでイライラしない方法は?感情のコントロールの誤解

産後のイライラはいつまで続く?母乳で子育てをしている母親は攻撃性が2倍

産後、夫にイライラする!産後クライシスは夫婦関係を再構築するチャンス

 

パパ読んで!産後クライシスのマンガ連載しています

(c) ながさわゆみ・山本ユキコ http://kosodate-p.com/

目次 :子どもができて、夫にイライラする妻・別人になった妻にとまどう夫へ

第1話 子どもができて、夫にイライラする妻・別人になった妻にとまどう夫へ


(END) Thanks for reading!

第15話 頼れるパパへの第一... 第16話 逃げずに、陣痛の妻の...

ページトップ