みんなどうしてる?赤ちゃんの睡眠時間の理想と現実

睡眠

子育てはチームでおこなうもの。子育てフィロソフィ 山本ユキコです。

赤ちゃんの理想の寝かしつけ・就寝時間は?

以前、乳児院の先生から赤ちゃんを寝かせる時間を聞いたことがあります。なんと夜7時でした。欧米のナニーと呼ばれる、子どもの面倒を見るプロの仕事でも、赤ちゃんは7時に就寝。

プロとして、赤ちゃんの面倒を見場合、就寝時間は夜7時がスタンダードのようですね。

うちは一人目の子育てでは、気が付いたら9時・10時まで赤ちゃんが起きていたので、正直、プロの就寝時間の早さには驚きでした。赤ちゃんの理想の就寝時間は夜7時と言ってもいいのかもしれません。

 

世界の0~3歳児、平均就寝時間

では、実際の親たちが赤ちゃんを寝かせている時間はいつなのでしょうか?

小児の睡眠を研究している心理学者、ミンデル博士らが2010年に行った0~3歳を対象にした世界17か国での調査研究 (Mindell, Sadeh, Wiegand, How, & Goh, 2010) によると、アジア系の赤ちゃんは、コーカサス(白人)系に比べて睡眠時間が短く、寝かしつけの時間も遅いことが、明らかになっています。

 

※詳細はこちらの記事もご覧ください

母子同室のせい?日本の赤ちゃんの睡眠時間は世界一短い

 

ミンデル(2010)の調査の、寝かしつけが文化的に苦手なアジア系文化の親と、上手な白人(コーカサス)系文化の親が赤ちゃんを寝かしつける時間を、月齢ごとにピックアップして図にまとめました。

表1.アジア系とコーカサス系の、月齢ごとの寝かしつけの平均時間 Mindell, et al., 2010 の表をピックアップして作成)

 

コーカサス系とアジア系も、0~2か月は寝かしつけ時間は9時半過ぎと変わりません。

しかし、6~8カ月と月齢があがると、コーカサス系は8時過ぎ頃と、寝かしつけの時間が早くなります。

12カ月~17カ月になると、違いは顕著で、アジア系では9時半前、コーカサス系では8時ごろです。

ちなみに国別のデータを見ると、日本人の赤ちゃんの就寝時間は、0~3歳の平均で9時半頃。寝かしつけが1番早いニュージーランドでも7時半すぎでした。

どちらにしても、理想は7時でも、現実はなかなか難しいということですね。

 

※コーカサス系のいいとこどり、アジア系でも取り入れやすい寝かしつけのコツはこちらの記事をどうぞ

赤ちゃんを寝かしつける方法は?7つの基本、奇跡のコツ

 

0~5歳児、理想的な睡眠時間

2015年にアメリカ睡眠財団(NSF)が2004年~2014年の312本の文献をもとに、各年代の理想的な睡眠時間(昼寝も含みます)を発表しました。

・0~3ヵ月(新生児)推奨時間:14~17時間(許容範囲:11~13時間・18~19時間)
・4~11ヵ月(乳児)推奨時間:12~15時間(許容範囲:10~11時間・16~18時間)
・1~2歳(幼児)推奨時間:11~14時間(許容範囲:9~10時間・15~16時間)
・3~5歳(未就学児)推奨時間:10~13時間(許容範囲:8~9時間・14時間)
(NSF, 2015の表を改変)

 

理想の就寝時間は難しくても、できれば睡眠時間の奨励時間、無理なら許容時間の範囲には、赤ちゃんが寝てくれるように気を付けてみましょう。

 

うちの場合

えーと、うちの下の子は4歳で、いつも9時ごろに寝てます。いや、ホントはもっと早く寝せたいんですけどね……現実は、日本の平均値ですね。

そして、朝は8時ごろに起きます。合計、11時間で……あ、何とか奨励時間に入っていました。よかった、よかった。

でも、夏休みが終わったら園バスの時間が1時間早くなるので、7時には起こさないといけないので、頑張って8時には夜寝せるようにしようかと思います。

自分の事情に合わせた起床と就寝の目安を考えよう

皆さんも、園の開始時間や、お迎えの時間、仕事の就業時間などそれぞれの事情があると思います。その中で奨励睡眠時間の睡眠を、お子さんが取れるように、就寝と起床の時間を考えましょう。

理想通りには、なかなかできないのが子どもの睡眠。

でも「この時間には寝させる」「この時間には起こす」という、親の目安があると、生活リズムを作りやすく、親子共に快適に過ごせます。

それぞれの家庭で事情は様々です。それぞれに合わせた目安を作って、できる範囲でいいのでやってみるくらいで、やってみましょう。

 

【引用】

Mindell, J. A., Sadeh, A., Wiegand, B., How, T. H., & Goh, D. Y. T. (2010). Cross-cultural differences in infant and toddler sleep. Sleep Medicine11, 274–280. 

National Sleep Foundation (2015) HOW MUCH SLEEP DO WE REALLY NEED? National Sleep Foundation Web site : https://sleepfoundation.org/how-sleep-works/how-much-sleep-do-we-really-need

関連記事

赤ちゃんを寝かしつける方法は?7つの基本のコツ

母子同室のせい?日本の赤ちゃんの睡眠時間は世界一短い

夜何回も起きる赤ちゃんの薬指は長い?寝れない個性は生まれつき

日本人女性と乳幼児は世界一の睡眠不足!男性もワースト2位の世界トップクラスの睡眠不足大国

産後のイライラはいつまで続く?母乳で子育てをしている母親は攻撃性が2倍

 

本ウェブサイトで、マンガ連載しています

(c) ながさわゆみ・山本ユキコ http://kosodate-p.com/

第1話 子どもができて、夫にイライラする妻・別人になった妻にとまどう夫へ

目次 :子どもができて、夫にイライラする妻・別人になった妻にとまどう夫へ

山本ユキコのネントレ本


(END) Thanks for reading!

もうイライラしない!魔の2歳児... 夫婦円満を続けるコツは?喧嘩...

ページトップ