「赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム」

赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム

13227085_1359714234042467_3622770668552508816_n

ママの疑問にお答えします

・赤ちゃんが夜中何度も目を覚ましてしまうのはなぜ?
・うちの子が寝るのが苦手なのはなぜなの?
・夕方、急に泣き出すのはなぜ?
・夜中の授乳時、赤ちゃんと目を合わせた方がいい?
・“ 泣いたらすぐおっぱい”は間違いなの? など……
ラクラクできて、ちゃんとぐっすり

そんな寝かしつけ方があるんです
「寝る時間を固定する」「光・音を寝室から締め出す」
「母乳・ミルクの飲ませ方をコントロールする」などなど……
ちょっとしたコツを一日に一つ、1週間実践するだけの
超かんたんプログラム。寝ない理由も、超納得

赤ちゃんが夜何度も起きる理由は、ママの育て方のせいではない
しっかり腑に落ちて、読むだけでラクになる

あさ出版 税抜き1300円(2016年5月26日発売)
アマゾンで購入できます
>>こちらからどうぞ

一人目の赤ちゃんの寝かしつけは苦労しました

このサイトで不動のアクセストップが
「赤ちゃんが夜寝ない!」としないために、新生児からの夜寝せるためのコツ
です。

寝かしつけについて、困ってらっしゃる方が多いです。私も、困ってました。一人目の娘が生後6か月を過ぎたころによる頻繁に起きるようになり多いときは一日8回起こされていました。しかも、寝かしつけてから眠りにつくまでも長い。

IMG_0010

そんな私が、新生児とその母親の睡眠の研究をしてる先生のところで研究のお手伝いに行き、赤ちゃんを寝せる方法を知り、そして、私の毎日の習慣が赤ちゃんを寝ないようにしていたことを知り。衝撃を受けました

それから、自分でも寝かしつけのことを学ぶために本をたくさん読んでみました。しかし、学びの多い本でも、欧米の著作で日本人と異なる文化の内容で、どこまで実践していいものか悩んでしまうものや、内容は素晴らしいけれども分刻みのスケジュールで追い詰められそうになるもの。やさしく日本人向けでも、方法論があまりなく、具体的にどうすればいいのかわからないものなど。本を読んでみても、一冊で満足いくものが残念ながら私にとってはありませんでした。

それなら、自分で日本人の文化にあって、方法論も、背景の理論も分かりやすく、使いやすく、聞くだけでラクになるようなプログラムを作ってしまおう。と、始めたのが、冒頭の7つのコツの講座です。

寝かしつけのコツ、ネントレの仕方をもっと早く知っておければよかった

今コツをまとめてみると、一つ一つはそんなに難しいものではなかったのに。最初のボタンをかけ間違えたために、ほんとに毎日大変でした。

予期せず生まれた二人目では、自力でまとめた寝かしつけのコツを使ってみると、本当に毎日ラクに過ごせています。

寝かしつけでつらいのは、「赤ちゃんが寝ることを祈りながら、イライラしながら寝たふりをするしかない」という、無力感。

その無力感から解き放されて、「ああ、次はこうしたらいいな」「次は、またこうしよう」と、前向きに自分と赤ちゃんの生活をコーディネートできるのは本当に楽です。

分かりやすく、使いやすいく効果がある。背景の話も聞くだけでラクになる

私自身と、たくさんの困っているママ達の負担のないように寝かしつけのコツ7つにまとめ、講座で繰り返し改善して、プログラムはどんどん洗練されていきました。そして、北九州の子育て支援施設で、歴代No.1の入室者数を記録した人気講座でもあります。

そして、ひとつづつコツを毎日学んでもらう7日間の無料のメール講座も立ち上げました。

☆現在、書籍の発売後、メール講座は終了いたしました。7つのコツのやり方だけ、ざっと知りたい方は、アメーバニュースで、まとめてもらった記事が分かりやすいのでご覧ください
>>アメーバニュースはこちらからどうぞ

しかし、カンタンに使える内容にしたからこそ、小さいコツが重要で、メールや講座ではなかなか時間や文字の制約でお伝えできなかったことを、書籍でしっかりとお伝えすることにしました。そして今回、あさ出版さんのお力を得て、書籍にまとめました。それぞれの7つのコツについて、分かりやすく、間違えないようにしっかり解説できているだけでなく、寝ない理由をしっかりと解説しています。特に夜寝ない赤ちゃんに、ママが罪悪感を持つ必要がないことを分かりやすく、納得できるように解説しています。ここは、類書からぶっちぎりの強みだと思っています。

子育てでつらいのは、夜、寝られないこと。このつらさを少しでも減らして赤ちゃんとの時間を楽しい素敵なものだと思えるママが一人でも多くなりますように。

明橋大二先生 推薦!

「自身の子育ての経験と、数多くのアドバイスの実践が、最新の子育ての科学に裏打ちされている、信頼の一冊。悩んでいるパパママにこそ、読んでほしいと思います。」
【子育てハッピーアドバイス】著者 明橋大二先生

この本の内容

0 日目
▶ プログラムを始める前に知っておきたいこと
1 日目
▶ 寝室から音と光を締め出しましょう
2 日目
▶ 泣いたら少し様子を見ましょう
3 日目
▶ 寝る「場所」を決めましょう
4 日目
▶ 寝る「時間」を決めましょう
5 日目
▶ 寝るまでの流れを決めましょう
6 日目
▶ 母乳・ミルクの飲ませ方をコントロールしましょう
7 日目
▶ 寝かしつけ前の〝夕寝〟を防ぎましょう
▶ それでも寝なかったら……

赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム

13227085_1359714234042467_3622770668552508816_n
あさ出版 税抜き1300円(2016年5月26日発売)
アマゾンで購入できます
>>こちらからどうぞ

著者プロフィール

○九州大学人間環境学研究科修了
○学術振興会特別研究員・岡崎国立生理学研究所心理生理学部門研究員・科学技術振興機構脳科学と教育研究員・九州大学ベンチャービジネスラボラトリ(現ロバートファンアントレプレナーセンター)研究員と、研究職を歴任。その後、子育て支援に転進
○子育てフィロソフィ代表

心理学の博士号を取得して、研究職につくという夢をかなえて、一流の研究所に就職。しかし、日本のトップクラスの秀才達と仕事をする中で、努力もできなくなるような苦い挫折を味わいました。子どもを生んだ頃は、慣れない子育てのつらさと研究職のつらさも重なり、 毎日苦しい状況。さらに、赤ちゃんは夜中に何度も起き、疲労困憊でした。

かわいいはずの我が子がかわいいと思えない。イライラのあまりに、夫に結婚指輪を投げつけたり、壁を蹴ったり。何か救いになるものはないかと発達心理学、行動遺伝学、認知行動科学、精神医学、社会学、保育士の資格取得など地元の研究者や実践グループにかかわりながら学びました。

予定外の8年後の二人目の子育ては、夜7時に赤ちゃんが寝てくれるようになり、子育てがラクになり、自信も付きました。一人目の赤ちゃんでも夜寝てくれる方法を誰かが分かるように教えてくれたらいいのにと思い、誰でもわかりやすく赤ちゃんが寝るようになる「奇跡の7日間プログラム」講座を作成しました。

書籍のメディア掲載

読売新聞西部版
Suzieニュース


ページトップ